太陽光発電は、企業から率先してやってほしい

個人だと悪徳業者の被害も

太陽光発電はたいへん良いシステムですが、リフォーム詐欺なんかと同様で、悪徳業者が入り込んで個人が被害に遭うケースもあるようです。個人の家の屋根も大事でしょうけど、まずは企業が工場やオフィスビル一面に取り付けて、率先してやってほしいものです。スケールメリットも生かせるし、電気をたくさん使うんですから、やるべきでしょう。太陽光パネルの設置コストが気になるなら、電力会社に場所を貸し出して、設置させればいいんです。

学校や公共施設などでも

学校にもエアコンが設置されるようになってきましたから、学校の屋上や体育館の屋根などにも取り付けたらどうでしょう。電気は、使う場所で発電するのが最も効率がいいのです。送電ロスがなくて済みますから。公共施設もやったほうがいいでしょうね。国や各自治体は、太陽光パネルを取り付ける世帯に補助金を出していましたが、それよりも公共施設に太陽光パネルを取り付けたほうが良かったんじゃないでしょうか。取り付けてるところって、ほとんどないですね。

個人の屋根から始めさせるって

大きなビルも工場も公共施設もやらなくて、個人の屋根からってことなら、結局採算が合わないんじゃないだろうかと警戒する人も出てきそうです。国や自治体が公共施設につけようとせず、補助金制度にしたのは、失敗した時のことを懸念したからというわけでもなさそうなんですが。大きな施設が一斉に太陽光パネルを設置したら、パネルの需要も劇的に増えて、価格がすごく下がりそうですから、今からでもぜひやってほしいところです。

太陽光発電の価格は、太陽電池モジュールの設置枚数、パワーコンディショナー、発電モーター、それにリモコン、ケーブル、設置架台、電気配線などの工事費が含まれます。