派遣で秘書をやる際に気をつけなければならないこと

秘書になるということとは

秘書になるということは、その会社の重役のお世話をすることになるので失敗は許されません。たとえ派遣でその仕事に就いたとしてもその責任は同じです。会社が大きければそれだけ一つのミスも大きな損害になりかねません。そうなった時に担当の重役が恥をかくことになりそれは同時に自分にとっても恥になります。秘書と担当の人の関係は基本的には信頼関係になりますので、その信頼関係すら揺らいでしまう可能性も出てきます。秘書はいつでも正直でいなければなりません。

世間の思う秘書のイメージ

世間の思う秘書のイメージというのは、主に女性が務めていて綺麗な人がなるというイメージが強いですが、実際は男の人がなっている場合ももちろんありますし、見た目が派手な女性よりは目立たないような女性だって秘書になっています。もちろん綺麗な人に越したことはありませんが、それが原因で何かいざこざが起きてしまうこともしばしばあります。そうなった時に、当たり障りのない人材で有望な人材を選んだ方が賢いのではないかということになります。

秘書に求められること

そうしていい秘書というのは見た目ではなく中身を見る目でその人の人材を見極めることが大事です。秘書とは、その重役の立場からすると自分のスケジュールの管理をしてくれている大事な存在です。秘書というよりかはマネージャーと同じような感覚です。全てをその秘書に任せています。なのでそれだけ信頼をおいています。その秘書がミスをすればそれだけ信頼は失われるのは当然でしょう。きちんと責任を持って任務を遂行できる人のみができる仕事です。

秘書の派遣の仕事は未経験でもできますが資格やスキル、秘書の実務経験があると優遇される場合もあります。